2010年07月22日

■僕たちの宇宙は50回目の宇宙である



はじめての〈超ひも理論〉 (講談社現代新書)


超ひも理論は究極の物理学の法則を目指して考えれらた理論である。
ビッグバン、とか、インフレーション宇宙など、これまでにもたくさんの「宇宙誕生論」がでてきたが、今、最もホットなのが、この「超ひも理論」だ。

宇宙は何から誕生したのか?
僕たちの宇宙が誕生する前には、何があったのか?
この宇宙が終わったら、次はあるのか?

という、まことにもって、哲学的な、かつ物理学的なことを解明しようとしている。

この手の本が大好きだ。

そして、この本が、僕にとっては一番分かりやすい「超ひも理論」&「宇宙論」だった。

明日のことも分からないのに、150億年前のことや150億年後のことを考えるのは楽しい。
そもそも、人間は「知らないこと」を「知る」といことに興味を持つものだ。

こんな宇宙の誕生の秘密を知ったからといって、僕の人生がどうなるものでもないが(ある?)、この世を知るのはロマンなのだ。

しかし、人類はたいしたもんだ。


■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

posted by ホーライ at 19:40| Comment(24) | TrackBack(0) | 12歳からの科学者必読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。