2007年01月14日

『眼の誕生』が生命の歴史を変えた

最近は鬼のように「ビジネス書」や「自己啓発書」、「ビジネススキル」などの本を読んでいた。
まぁ、仕事から仕方がないのだけれどね。

でも、僕はこれでも薬剤師の端くれなので、科学書なども必ず読むようにしている。

そこで、今回は最近読んだ本の中で面白かった科学書『眼の誕生』の紹介です。


生物の進化を化石などで研究していると「カンブリア紀の大爆発」(爆発と言っても火山ではない)という謎があるらしい。

それは、カンブリア紀にいろんな動物、昆虫類、爬虫類、魚類などなどが爆発的に増えたことを指す。
多種多様の生命が「一夜にして」地球を覆いつくしたようなものだそうだ。


では、何故、そのような「カンブリア紀の大爆発」が起こったのか?
それが、古代生命史を研究している人たちの中で、謎になっている。

本書『眼の誕生』は、まさにその謎解きにチャレンジした本である。

本のタイトルにもなっているが『眼』の誕生が、劇的に生物の進化、突然変異を促した重要なファクターになると著者は主張している。


この本を読むとそんな謎解きにも興味を持つが、それ以上に、化石から情報をどのようにして読むのか、という考え方も面白かった。


ときどき、自分の分野とは全く違った分野の本を読むと面白いよ。



眼の誕生




眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く





posted by ホーライ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 12歳からの科学者必読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。