2007年06月16日

★ガリレオの指―現代科学を動かす10大理論

ガリレオの指さす方向へ進んだ科学が到達した高み。

そこから見渡される10の主要な科学理論をセレクトし解説する、『エントロピーと秩序』の名匠アトキンス渾身の1冊。


進化論をはじめ、エントロピー、相対論、量子論、シンメトリーを経て算術にいたる、現代科学の10の主要理論を、ポピュラー・サイエンスの名手アトキンスがセレクトし、そのエッセンスを抽出する。


科学に興味を持つ大学生、高校生に是非読んでもらいたい。

若者の人生を変えるポテンシャルを持ったすばらしいポピュラーサイエンス。アトキンスの数々の著作の中でも、際だった傑作。


科学的に世界を眺めるためのヒントが全巻にわたって横溢している。

全体の構成、構想が凄い。

進化、DNA、エネルギー、エントロピー、原子、対称性、量子、宇宙論、時空、算術。

さまざまな話題を往還しつつ、大局的には、身近なものから人間の知覚スケールとは乖離したものへ、具体的なものから抽象的なものへと読者を導いていく、この全体構成の企みの大胆さ。

それを実現してしまう膨大な知識。


人間は、抽象的な概念操作を無理なくこなせる不思議な動物だが、最終章「算術」に至って、数を数えられる、ということの不思議さが実感をもって迫ってきて、身震いする。

この世界、そしてこの世界の一員であるぼく自身の存在の不思議さ、おもしろさを存分に味わわせてくれる。


ニーチェは「怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。」と言ったが、【無限】は【怪物】なのかもしれない。

この算術の章はそんな気分にさせられる。(発狂した数学者がいる、というのも分かる気がする。)


ガリレオの指―現代科学を動かす10大理論




ガリレオの指―現代科学を動かす10大理論







治験専門書店

治験関係者に役立つ本

科学入門図書

分野別お奨め図書「ホーライブックセンター2.0」

新入社員に読ませたい本100冊 新入社員にお薦めの本100冊

より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本

お勧めビジネス本。仕事に役立つ本


架空の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

ラベル:科学入門書
posted by ホーライ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 12歳からの科学者必読本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。